これまでの常識を覆す革命的な会議スタイルがWEB会議です。
これまでは実際に一つの会議室に出席者が集まらなければ会議それ自体が成立しませんでした。
しかし、WEB会議を利用すれば、これまでのビジネススタイルが大きく変わります。
実際に会議が行われる場所に出向くことなく、会議に出席することが出来ます。
現在政府が主導して行っている働き方改革へもプラスへ動く働き方です。

実際にその場にいる必要はないので、現在東京に一極集中している企業も地方へ分散することが出来ます。
政府が目指す地方創生にも影響を与えるWEB会議ですが、SOHOなど在宅ワークをメインに働く方にとってもメリットがあります。
子育てや親の介護など、会社に出社出来ない状況を抱えた社員の方は少なくありません。
保育園に預けたくても一杯で預けることが出来なかったり、特別養護老人ホームなども高齢社会を迎えた日本はすでに特に大都市圏において施設の許容量を超えている場所もあり、子育てや介護で会社を去る方も少なくありません。
今後少子高齢化で働き手の不足が深刻化することが予想される中で、企業としてもビジネススタイルを変え、働き方改革へと舵をきる時代に突入しています。

在宅ワークやSOHOの方にとってもメリットの多いWEB会議ですが、地方に支社や支店が多い企業や、海外企業との取引の多い企業にもメリットがあります。
支社や支店から本社への会議出席のためだけの出張費を大幅に削減することが可能になりますし、必要以上に海外の取引先企業へ行く必要もなくなります。
しかし、実際に顔と顔を見ないと商談は上手く進まないものです。
メールだけで商談はなかなかまとまりませんし、何かトラブルが発生すれば、顔を見て対応を求められることもあるでしょう。
そのような場合でもWEB会議システムを導入していれば顔を見ながら交渉を行うことが出来ますし、インターネット環境に接続さえしていれば世界中どこにいても会議に出席することが出来ますので、重要な出席者を逃すことなく会議の出席依頼をかけることが出来るでしょう。

ビジネススタイルは変わっても、議論をしたり、交渉をする上で、顔を見て相手の表情を読みながらコミュニケーションを図る重要性は変わりません。
電話会議などでは伝わらない表情から相手の信頼を得ることもあります。
新しい技術を上手に取り入れつつ、ビジネス機会の創生や、働き方改革に役立てていくべきでしょう。